オンラインカジノは合法か違法か?徹底解説!

カジノと聞いたとき、日本の中では賭博法で禁止されているのでカジノ店そのものの存在は違法であり、仮に闇カジノと呼ばれるような店舗が有ってそこでポーカーやルーレットなどのゲームで遊ぶと摘発された際には運営側だけでなく遊んでいた顧客も逮捕されてしまう、このようなイメージや認識を持つ人は多いといえましょう。
実店舗型のカジノのことをラウンドカジノといいますが、これらに対しインターネットを介して遊ぶことができるのがオンラインカジノです。

ラウンドカジノは日本では違法ではある、これは賭博法で定めが行われていることからも認識を持つ人は多いのですが、これと同じくオンラインカジノも違法になるのではないか、ネットの中には色々なカジノサイトがあるけれども登録しただけでも犯罪になるのではないか、このような疑問にもなりかねません。
結論からすると、日本の中にはオンラインカジノに対する明確な法律は存在していませんし、ラウンドカジノにある賭博法の中でも利用者を取り締まる法律は存在していないのが現状です。
さらに、合法的なオンラインカジノは対象国の中での政府からの認可を受けて運営を行っている関係から日本の法律の中で裁くことはできないわけです。

ただ、様々な要因により合法の場合もあれば違法の場合もある、これが現状での見解でありいくつかのちゅういてんともいえるようなことは存在しているようです。
例えば、オンラインカジノを運営しているのが日本の企業であり、日本人ユーザー向けのみにサービスを行っている、しかも日本の中にカジノサイトのサーバーを設置しているなど日本はオンラインカジノそのものも認可をしていない国ですから、このようなカジノサイトで遊んでいる場合には注意しなければなりません。
というよりも、仮にこのようなカジノサイトが有ったときには登録すべきではないのです。

ところで、日本の賭博法には単純賭博罪や常習賭博罪、賭博開帳図利罪や組織犯罪処罰法の4種類があるといいます。
この中で賭博を行った人を取り締まるものが単純賭博罪や常習賭博罪で、賭博場を運営している側を取り締まるものが賭博開帳図利罪や組織犯罪処罰法になります。
ここで一つの疑問を感じる人も多いかと思われるのですが、利用者が逮捕されないのは何故なのかといった部分です。
この賭博法の内容を見たときにはカジノサイトは違法のように感じるけれども、賭博犯の捜査そのものは運営側の検挙を目的にするなどの前提条件が存在していて運営側を検挙しなければこの法律は成り立たないなどの意味にもなって来ます。
そのためカジノサイトでは賭博法は適応されないと考えることができます。

運営側の検挙を目的にした法律ではあるけれども、運営側はライセンスを取得しているので実質合法での運営に相当します。
そのため、日本の法律では取り締まることが困難ですし日本の中でカジノサイトをやっているのか、海外でのお金のやり取りが行われているのみになるのか、これらの判断も困難です。
そもそも賭博法の刑法そのものがカジノサイトを想定して策定されたものではない点、運営側をライセンスなどにより検挙できない、これらの理由から取り締まりができないので違法に相当しないなどの結論に繋がります。

ちなみに、インターネットカフェカジノと呼ばれるお店が存在することをニュースなどで知った人は多いかと思われますが、インターネットカフェに近いお店ではあるけれども、ここではインターネット上で遊ぶことができるカジノを提供しその場で現金に換金ができるサービスを提供しているものです。
これは裏カジノや闇カジノと同等のもので、日本の中にあるお店で運営を行っていることや店舗内で換金まで行っていることからも、賭博開帳図利罪になり遊んでいる人も逮捕されます。